リアル素人Club-XXX 学生から人妻まで、人気の無修正ハメ撮り動画投稿サイト! 無修正投稿掲示板 DXLIVE 人気のライブチャットサイトが無料でお試し体験可能!

アダルトブラザーズ(弟)です。

 

今回は、自分が昔、

ホストをしようと歌舞伎町に勇んで向かいましたが、

儚くも3日で辞めたお話をしようかと思います。

 

ちなみにホスト業界では辞めることを「飛んだ」というようですが、

実際、飛んではいません。

飛べねえホストはただのホストだ。。

 

ということで、いきます。

そもそも、ホストをしようと思ったきっかけ

まず、ワイは寮に入る前にも

メンキャバで3日ほど働いたことがあります。

 

その頃は通いで、終電で帰っていましたが、

終電で帰ると給料も減るし

あまり本気ではなかったので、

体験入店をして何日か働いてからそのお店を辞めました。

 

そんな経験もあり、ホストには興味もあったし

もう履歴書をしっかり書いて

働くまでに時間がかかるようなお仕事は

嫌や!と思っていた頃だったので、

ホストを本気でやってみようと思い、寮に入りました。

 

初日

まず、面接は事務所で行いましたが、

かなり待たされました。

 

前からLINEでやりとりをしていましたが

2週間くらい前に送っていたし、

何らかの手違いがあったようです。

 

そして、給料の説明などを聞いて、

寮に案内してもらいました。

 

まず、給料の説明の段階で

「ホストの売り上げは小計の◯◯%」という事実を再確認しました。

 

仮に1000万円売り上げても

70%ならその70%ということではなく、

「小計の」ということです。

 

そもそもTAXが40%くらい

売り上げには含まれているだろうし、

小計とはまあ、ホストクラブでのお酒の値段ですよね。

 

YouTubeで某人気ホストが

「1000万円売り上げてるホストでも掛けとかもあって、

給料がo円みたいな人を知ってる」と

言っていたのを思い出しました。

 

1000万売っても小計自体は500万で

そこからの70%、さらに「売り掛け」という

お客さんのツケ払いが自分の借金で・・みたいなやつです。

 

まあ、最初は気合いも入っているし、

そんなことは些細な問題だと思うわけです。笑

 

それから、寮に案内してもらいました。

 

寮は「タコ部屋だったらいやだな」と思っていましたが、

そこは普通に4、5人が共同で住んでいて、

自分は2段ベットの下を案内されました。

 

「床に寝るかもしれない」と思っていたので

そこは良かったです。

光を遮れますからね。笑

 

そして、早速お店に向かいます。

 

ワイはその日に

地方から出て来たばかりなので

「もう眠いなぁ〜」と思っていましたが、

まあ、いきなり何処の馬の骨とも知らない謎の男を

部屋に置いておいても仕方ないし、

自分はそこに体験入店もしていなかったので

ホストクラブに向かいました。

 

なんだか久しぶりの歌舞伎町が小さく見えました。

 

そしてホストクラブに着くと

いろんなキャストの子たちに接待を受け、

顔合わせみたいな感じで

テーブルに座って適当に喋っていました。

 

基本的にみんな良い子でしたが

新規店だったし若い子ばかりで、

キャストに年上はいませんでした。

 

その日はよろぴく〜みたいな感じで

挨拶のみで、お店の代表に

営業後にご飯に誘ってもらいました。

 

ワイは地方から出て来ていたので(2回目)

もう眠かったのですが、

嬉しかったしご飯に行きました。

 

まあ、お店の人は

ワイの「いきなりステーキばりの入寮」ということもあり、

頑張ろう!みたいな感じでした。

 

そして、完全に昼夜逆転の就寝。

 

そのお店は1部営業だったので、

営業後にご飯食べればそうなるわな。

 

まあ、初日だし、

次の日からは早く寝ようと思って寝ました。

 

ワイのホストプランは、

営業後に速攻で寝るという作戦だったのです。

 

翌日

最低な気分で目が覚めました。笑

 

もともとナイーブな方なので

朝寝るとタダでさえキツいし、

直前に色々食べて寝るのはかなり久しぶりでした。

 

それでも、まだやる気はあり、

出勤も楽しみでした。

 

その部屋はグループの寮で

お店の子達は居なくて、

他の店の子や人事部的な人とかと一緒でした。

 

お店の子達が居る寮は人がいっぱいで、

床組も普通に居たようです。

 

その日はとりあえずゆっくりして、

食事も外で済ませ、出勤しました。

 

やっぱり自分より年下でも幹部補佐くらいの、

ホストに少し慣れている人達は、話が面白かったです。

 

ホストークとでも言うのでしょうか。

絶妙に斜めから笑いの切り込みを入れる感じ。

 

正統派って感じではないので、

その人達がNo.1になる日はあるのかな?とは思いましたが。

 

そんなこんなで次の日も、

寮のエントランスの鍵がないので

寮の子と一緒に帰り、

帰り道に汚い中華屋さんに入ったのでした。

 

翌々日

また、最低な気分で目覚めました。笑

 

けっこう体はお疲れモードでしたが

今日こそは自炊しようと、

昼間は公園に行ったり散策&買い出しで

持ってきた炊飯器で玄米を炊きました。

 

自炊の際、絶対にちゃんとした料理は

作れないと思っていたので、

玄米はワイのホストプランの2つ目でした。笑

 

そして、3つ目のプランは、

「朝には起きて出勤前に昼寝をする」ことでした。

 

完全な昼夜逆転はヤバいと思っていたし、

筋トレとかもしたかったので。

 

しかし、寮の人達は昼夜逆転なのです。

寝てても上の段で客と電話してやがるし。笑

 

その日は出勤して、

終わったら真っすぐに帰りました。

他の子達は誰もそんな子は居なかったですが。笑

 

翌々翌日

寝る直前に食事もせず

ギリギリ夜に就寝しましたが、

部屋は寝てても他の人の音がするし、

タバコ臭いし、朝目が覚めると

もはやフラフラしていました。

 

それでも一応外を歩き、公園で筋トレして

アダルトブラザーズ(兄)に全話をかけてみると、

SEX中でした。笑

 

日差しがあたたかく、公園では大学生達が

無邪気な小学生のようにボールで遊んでいます。

 

なんかもうフワフワしてましたが、

玄米を食べて出勤しました。

 

その日は特に客も居なかったし

立っていて腰が痛くなってきました。

ヘルプで飲むお酒だって、飲んだこともないカロリ。

 

ワイはあまり、そういう甘い安酒とか飲まんのです。笑

 

そしてまた一人、速攻で帰り

翌日は店が休みだったのでしっかり休もうと思いました。

 

最後の日

朝起きて、もう最悪。

口臭とか、胃がバーストしているし、

部屋自体タバコ臭いから服も体中が臭います。

 

何ヶ月かやって引っ越そうと思っていましたが、

これから体調はどう考えても上がっていかないし

こんな攻撃力じゃ1ヶ月やっても

客もつかんだろうと思うより前に、

体がフワフワと引っ越しのパッキングをしていました。笑

 

部屋には誰も居ませんでしたね。

そしてフワフワと土砂降りの歌舞伎町を

大きなバッグを転がして歩き、

新宿駅で「ワイはもうやめます。

お世話になりました。」とLINEしました。

 

買ったばかりの玄米が重かったです。笑

 

こうしてワイの長い長い

歌舞伎町ホスト4泊5日の旅が終わりました。

 

ここまで読んだ方にはわかるように、

ワイのホスト生活において

とにかく大変だったことはシンプルに「生活」です。

 

ということで、食事や体に気を使いたい方には

ホストの寮生活はおすすめしません。

最低限、自分の部屋は借りた方が良いでしょうね。

 

実際に体験できたことは良かったですし、

プライベートは大事だなと再確認できました。笑

そふといちば 人気のアダルトコンテンツマーケット! アダルト動画検索サイト ココヘブン 盗撮や痴漢など激ヤバ動画が定額見放題! CoCo Heaven