よしおです。

物凄くお久しぶりになってしまいました。

ちょっと訳あって、知り合いのマグロ漁船に乗ってまして(乗せられてまして…冷汗)

 

久しぶりなので

どこまで話したか思い出しながら

語りたいと思います♪

 

 

いや〜それにしても

船長のマラ…太かったです(痛っ)

違った、マグロ大きかったです♪

 

 

さてさて

冗談のような本当の話は

その辺にしといて

 

私のデリヘル店経営のなれそめです!

 

今回はデリヘルドライバーを経て

晴れて自分のお店を持つところからお話します。

 

↓第1話はこちら↓

私が「デリヘル店」を経営することになったきっかけ[第1話] 元店長が裏側全部しゃべります!

 

掟破りのデリヘル独立計画

そんなこんなで

デリヘルドライバーから

デリヘルの受付

そして面接など

 

デリヘルの「いろは」を知った私は

「これって…めちゃめちゃ隙間産業」と思い

独立を企みるのでした。

 

 

もちろん下手はこけません。

見つかったら大変なことになります。

 

風俗業界の人間は

背中にスピーカーを背負ってるって言われるほど

口が軽い連中の集まり。

 

 

特に女の子と営業マンには

気をつけろっていう世界です。

 

まずは信用できる人間を見つけなければなりません。

そこで目に止まったのが

事務所でPC作業をしている

Web担当のT氏でした。

 

 

彼をうまく利用して

内部の情報を得たかったのです。

そう!私は既に病気を理由に退社していたのだから。

 

 

まずはT氏を食事に誘い

今回の計画を打ち明けました。

もちろん、それ相応の「口止め料」と

彼のスポットを用意しての話です。

 

 

ここまでは順調!

T氏も乗り気で私の独立計画に

一肌買って出てくれたのです。

 

まさに掟破りの計画でした。

 

 

女の子たちを引き抜き

お店を作るのは簡単です。

正直言って、犯罪経歴がなければ

誰でもデリヘル店を作ることはできます。

 

 

ただし

お店があっても女の子がいなければ

1ヶ月で潰れるでしょう。

 

 

なにせ風俗は

女の子集めが重要なのです。

 

風俗求人サイトなんて

正直に言うとほとんど来ません。

せいぜい月に2〜3人の問い合わせで

採用は1人いるかいないか。

 

 

なぜなら

風俗サイトを利用する女の子は

どこのお店でも使えない子しかいないからです。

 

 

一番女の子を集めてくれるのは

スカウトですが

これは違法なので

 

真面目な(?)私にとって

違法なことはしたくないし

スカウトマンなんて一切信用してませんでした。

 

 

そこで思いついたのが

引き抜きです!

↑真面目と言いながら

やってることは大胆でしょ?(笑)

 

 

そしてドライバー当時や私が面接した子の中から

数名ピックアップして

連絡を取ったのです。

 

 

病気(仮病)を理由に突然辞めた私を

彼女たちは、とても心配してくれていました。

 

そして独立計画を打ち明けると

目を輝かせて協力してくれたのです!

 

 

それなりに信頼関係を

築いていたおかげだったかもしれません。

 

とは言っても口の軽い女の子たちなので

その時、声を掛けたのは5名の女の子。

 

 

全員が私のお店に来てくれることになったのです。

 

デリヘル店開業準備

女の子が確保できたので

いよいよお店の開業に向けての準備に取り掛かりました。

 

まずは風営法の「開業届け」です!

 

 

司法書士に頼む金なんてありません。

正直言うと、このとき軍資金は20万しかありませんでした(笑)。

(生活費含む)←がははっ

 

 

届出自体は自分で書類を作れば

数千円しかかかりません。

 

 

お金が必要といえば

事務所を借りることと

電話を設置するくらい。

 

 

それで風俗営業する事務所なんて

そうそう貸してくれません。

 

 

そこで私は、友達が経営する

ボロアパートを3万円で借りたのです。

6帖ひと間のワンルーム。

 

もちろんそんな場所で

仕事なんてできないので

あくまでも許可を取るための

ダミー部屋です。

 

 

届出の中には

所有者の許可も必要ですが

そこはお友達なので

うまく印鑑だけ押してくれて

あとから「風俗営業として使用することを許可する」と

付け加えてOKです(笑)。

 

 

とにかく一番厄介だったのが

警察の対応。

自分で許可を取る人間に対しては

とにかく冷たいです!

お役人体質なのでそうなのかもしれませんが…。

 

 

足を運ぶこと

5回目にしてようやく受理され

その後2週間を経て

届出の受理用紙が渡されました。

 

 

これでようやく営業開始です!

 

ホームページも手作り

とにかく金がないので

最初は風俗サイトにだって

広告を出すお金すらありませんでした。

 

 

そこで利用できたのが

T氏です!

 

 

彼にホームページを作ってもらい

(制作費は、成功報酬ってことで)

 

 

しょぼいホームページでしたが

なんとか完成し

女の子のプロフィールや

イベント情報などなど

 

っと言っても

どこにも露出されていないので

電話なんて鳴りません。

そこで思いついたのが

「アメブロ」でした。

 

 

当時はまだそこまで

厳しくなく

風俗の営業を目的とした内容でも

消されなかったのです。

(2年後、突然削除されましたけどね)

 

 

アメブロは当時から

アクセスが高く

無料で宣伝するには

これほど有効なものは他にありませんでした。

 

 

ヘブンは

当時は誰も見向きもしていないサイトでしたからね。

(ここ数年ですよ!ヘブンが殿様になったのも)

 

このように今は風俗ライターとして

おまんまを食べてる訳なもんですから

当時から執筆には自信があって

 

口で語るより

文書で伝えるのが得意分野の1つでした。

 

 

そんなものですから

唯一の宣伝サイト「アメブロ」の更新は

1日5〜6回と風俗嬢の写メ日記並みの更新率。

 

 

どーでもいい話から

食い物の話、はたまた温泉の話まで

ほぼプライベートな内容ばかりを書いては

これから釣られるであろう

お客様たちを煽っていたのです。

 

 

いよいよグランドオープン

そんなこんなで

ホームページとアメブロの

2本立てで営業を始めることになったお店。

 

女の子も

そのお店に在籍させた状態で

うちの方に出てもらうようにしていました。

 

 

だって稼げるかわからなかったからです。

 

 

プレオープンを2日間行って

そしてグランドオープンという形を作りました。

 

もちろんプレオープンは

誰も出勤していません(笑)。

 

電話が鳴るか鳴らないかを試すための

プレオープンです!

 

 

プレオープン初日…鳴りませんでした。

 

プレオープン2日目…鳴りませんでした。

 

鳴らない…

電話止められてるのかと思って

自分で鳴らしたほど

鳴りませんでした。

 

 

そして迎えた

グランドオープン初日。

 

 

もちろん今度は女の子も出勤しています。

2人でしたけどね。

他はダミーでたくさん出勤してるように見せかけて。

 

 

アメブロの反応は良かったんですけどね。

コメントも来てたので。

 

 

鳴ることを信じて…。

電話とにらめっこ(笑)。

 

 

すると

リ〜ン、リンリン♪

 

「鳴った!」

 

 

思わずガッツポーズを取ってしまいました。

 

「はい!しもしも?◯◯変態デリヘル店です♪」

 

「あっ…しもしも、ブログ見たんですけど…」

 

「あっ、はい!ありがとうございます!」

 

今でも忘れません。

そのお客様の声。

 

 

私にとってはじめてのお客様でした。

 

初めてのお客さん

お客様とはフレンドリーを

モットーにしていた私。

 

ただ依頼を受けるのではなく

世間話なんかも交えながら

お客様との「絆」を結びたく

 

軽くフレンドリーなジャブも入れていました。

 

 

「ところでお客様、どーしてウチに?」

「ええと、実はオレ、風俗初めてで」

「へぇ〜それはそれは緊張しますね♪」

「はぃ…それで店長さんなら、きっとわかってもらえるかなって思って」

っと言うように

なんと人生初の風俗として

うちのお店を選んでくれたのでした。

 

 

うちにとっても初めてのお客様。

お客様にとっても初の風俗。

なんだか、こりゃ縁起がええわ〜って感じでした。

 

 

顧客情報を入力するとき

この方のニックネームは「第1号」に決定(笑)

 

私、すべてのお客様に

愛称をつけて、それでどんなお客様が覚えていたのです。

 

 

その第1号さん、なんと!

2日目も電話かかってきて

 

「店長さん、昨日最高でした!

お金ないけど…今日もお願いできますか?」

 

 

まさかの2日連続!

女の子もいきなり本指名ゲット!

この時点で本指名ランキング暫定第1位(笑)

 

っでね、後日談ですが

後にも先にも、この第1号のお客様

この2日間で撃沈しました。

 

 

なぜ?って

ちょっとお金使い過ぎちゃったの。。。

2日目に、興奮されちゃって

何度も延長しちゃって…

 

私も延長の電話くるたびに

第1号さん、大丈夫?って思ったくらいですから。

 

 

よく言うじゃないですか。

水商売の女性にハマって

翌日、後悔するタイプの人って…

 

 

まあ、私もそのタイプですけどね(泣)

ついつい、自分に気があると思って

延長したりして

いい気分で帰ったものの

翌日、目を覚まして財布の中身とご対面

 

そして出てくる言葉は「あちゃ〜」

彼もそのタイプだったのかもしれません。

 

何はともあれ

忘れもしない第1号のお客様でした。

 

オープンから1週間・・・

グランドオープンからの1週間は

ぽつぽつではあったのですが

 

それなりに

「リン〜リンリン♪」という電話の音は

ちらほらと耳にし

まずまずの売上をあげていたのです。

 

 

ちょうど12月っていう忙しい時期でもあったんですけどね。

 

女の子たちもフルメンバーとなって

(5名ですけど…何か?)

 

 

それでも、そこそこ綺麗な女の子ばかり集めましたので

リピーターのお客様が少しずつ増え始め

 

フレンドリーな私のトークを求めて

「店長〜お久しぶり!」

 

「あっ、◯◯様ですね」

 

「えー!嬉しいな、俺のこと覚えてくれてたの?」

 

「そりゃ〜もちろんですよ♪」

 

「デリヘル店に名前で言ってもらえると嬉しいな」

 

「いやいや、それほどでも(笑)」

 

 

と言うのも、覚えてるのは

パソコンに入力した

「電話番号」と「顧客情報」のおかげですけどね。

 

そんな声でいちいち覚えてる訳ないじゃないですか(笑)

 

それでもお客様からしたら

名前で呼んでくれるというのは

特別感があって良いことなのです。

 

今では電話受付も教育されて

敬語で話すデリヘル店も増えましたが

 

当時は「輩」が電話受付してるお店が多く

デリヘル=電話対応最悪

っていうのが当たり前でしたからね。

 

 

私がダミーで電話しても

無愛想な男が

「あぃ…」って電話に出て

 

「◯◯デリヘルさんですか?女の子頼みたいのですが?」

 

「指名は?何分?どこのホテル?」

と、まあ〜態度の悪いこと、悪いこと。

 

 

それでもお客様は

女の子とチョメチョメしたい為に

無愛想なお店で遊んでいたんですよね。

 

 

そこに現れた

超新星の私。

 

フレンドリーな口調と

お客様を大切に扱う偽善ぶりがウケて

少しずつお客様のハートを掴んだのでした。

 

 

こうしてお店は順調に進むかと思いきや

そう簡単には問屋は下してくれなかったのです。

 

つづく

今、素人サイトが人気です!

  リアル素人Club-XXX ガチ素人女性達のハメ撮り動画が定額見放題! 無修正投稿掲示板   Coco Heaven 盗撮・痴漢動画に特化した定額サイト! CoCo Heaven
有料アダルトサイト,ライブチャット比較
AV女優・オールジャンル系
[海外無修正]
人気AV女優中心にオールジャンルの豊富なカテゴリーを扱うサイト。こちらは海外運営のため無修正が楽しめます。
AV女優・オールジャンル系
[国内モザイク修正]
こちらは全て国内会社運営のためモザイクあり。人気AV女優中心にオールジャンル揃っており、最新作や人気AV女優を見たいなら国内がおすすめ。
アダルトVR
最近話題のVRエロ動画に特化したアダルトサイト。相手がすぐ目の前にいるようなリアルな臨場感が楽しめます!
素人企画モノ・個人投稿系
素人企画モノや個人撮影の動画投稿サイト。ハメ撮りや流出動画など多数。
盗撮・覗き系
パンちらや胸ちら、更衣室やトイレ、女風呂覗きなど盗撮フェチ向けサイト。投稿作品も多くヤラセなしのガチな緊張感が魅力。
ロリ・アニメ系
美少女系、ジュニアアイドルなど若いロリ系女性や、コスプレ、エロアニメや漫画などに特化したサイトまとめ。2次元好きにおすすめ。
人妻・熟女系
30代以上の人妻、熟女女性に特化しているサイト。年を重ねた大人の女性の魅力満載。
マニア・フェチ系
SM、スカトロ、ハードコア、M男、キャットファイトなどなど、マニアックなジャンルに特化したサイトまとめ。
洋物・外人系
アジア系、欧米系、ラテン系、アフリカ系など外国人に特化したサイト。外人好きにおすすめ。
ゲイ・レズ・ニューハーフ系
ゲイやレズ、ニューハーフなど同性愛ジャンルに特化したサイト。
ライブチャット
アダルト系からノンアダルトまで、人気のライブチャットまとめ。